04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストップロス手法 

最近良く使う手法のご紹介。

ストップロスを巻き込んで大きく動くときがよくあります。
たとえば、金曜日のユーロドルのように、1.44を越えた瞬間、ドドドドドッと大きく下落していく感じです。
これは、1.44を切ったらロスカットする注文が多くあったためにこのようなことが起こります。

これを使った手法。手法っていうほどのもんじゃないけど。
(もしかしたら結構みんな使ってる手法だったり?)


要は、ストップロス注文がどこにあるのかがわかれば、非常に簡単にできちゃいます。
指標スキャルよりも安全かな、と思ってます。


じゃあ、どこでストップロス注文の状況を知るかというと、外為どっとこむのトレーディング画面で見られるGI24ニュースでゲットできます。(もしかしたら、ほかのFX会社でも見られるかもしれません)毎朝10時くらいに、インターバンクオーダー状況として記事がアップされ、その中にあります。といっても、ドル円とユーロドルだけですが。。。

その情報をもとに、あらかじめ指値注文をしておいてもよいでしょう。


ただ、注意しないといけないのは、ストップロス注文のレートに差し掛かったときに、逆に買い注文も控えてたりすることがあり、(上昇局面だと売り)レートに差し掛かっても、すぐに反転上昇することがあります。
なんで、すぐにレートが動かないときはさっさと逃げたり、ある程度動いてレートが止まったときなんかもさっさと利益確定して逃げることが必要になります。

金曜日のユーロドルで1.44を越えた後とか、同じく金曜日の深夜ユーロドルで1.435あたりを越えたところとか。急な上昇をその直後に食らってます。



まあ、投資なんで、100%ってことはないけど、結構いい感じな手法かと。


でも、慣れないと大怪我する恐れもあるんで、慎重に。



1日1回応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 スキャルピング派へ  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hidezousan.blog71.fc2.com/tb.php/75-158843f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。